Read Article

広告

耳ツボの先生の指導による糖質制限。2か月で9キロ痩せました

広告

 

この記事は30代の女性に書いていただきました。

……..

きっかけ

 153センチで、だいたい50キロぐらい、、、健康だけど、美容体重としてはどうかなぁ?と思い悩みながらこれまできました。しかし、2人目の子どもを出産した後、授乳期は46キロまで落ちたのですが、断乳後一気に戻り、戻るだけならまだしも、様々なストレスから食べて食べて、あっという間に55キロへ。

 未婚でスタイルのよい同級生が多い中、「さすがに会うのが恥ずかしい!」や、「このままズルズル体重増加が止まらないのも困る!」等の思いから、ダイエットを決意。ちょうどお友達からの紹介で耳ツボダイエットを実行しました。耳ツボで食欲を抑えつつ、先生から糖質制限のハウツーを学んで、実践しました。結論から先に言いますと2か月で9キロ痩せました。

〜先生からの教え〜

 耳ツボの先生から指導された糖質制限の具体的な内容を説明します。

 最初の2週間は、
・パン、お米、麺の炭水化物はNG。
 6枚切りパン1枚当たりの糖質量は約27g
 小茶碗一杯当たりの白米の糖質量は約37g
 うどん1玉(ゆでた後)の糖質量は約50g

・お芋類、カボチャやゴボウなどの糖質の多い野菜はNG。
 さつま芋100g当たり(小サイズ)の糖質量は約29g
 ジャガイモMサイズ(135g)の糖質量は約22g
 ゴボウMサイズ(180g)の糖質量は約17.7g


・かまぼこ・ちくわ等の練り物はNG
 かまぼこ1本当たり(145g)の糖質量は約14g
 ちくわ1本当たり(30g)の糖質量(30g)は約4g

・甘いお菓子、ジュースはNG

 以上の4点を守るように指導され、2週間過ぎたら、パン、お米、麺は少量ずつなら食べても大丈夫とのこと(お米であれば小茶碗1杯)。

 また、耳ツボの先生から毎日食べる物として、以下の食材を指定されました。
・キャベツと厚揚げ(生揚げ)を毎日食べる。
 キャベツ250g当たりの糖質量は8.5g
 厚揚げ200g当たりの糖質量は0.4g

・朝はトマトジュース
 トマトジュースの糖質量は100ml当たり3.4g

 そして、夕食を食べる時間の指導もありました。〇〇時という指定の仕方ではなく、夜ごはんは寝る4時間前までに食べ終わること。わたしの場合10時に寝るので、6時までに夜ごはんとの条件を課せられました。

具体的な糖質制限の食事内容

 私の糖質制限のメニューは以下の通りです。

朝→トマトジュースを1杯
あと、砂糖が入っていない飲み物、緑茶紅茶等もOK

昼→キャベツメインでの野菜をサラダボール一杯、厚揚げ200g、お肉約150グラム(牛肉、鶏肉、豚肉のいずれか)、白ごはん小茶碗1杯(2週間過ぎたら)

夜→キャベツメインの野菜をサラダボール一杯、厚揚げ200g、刺身を好きなだけ

 私は元々貧血、かつ、生理過多で常に血が足りないような自覚があり、耳ツボの先生から、鉄分等のサプリメントに頼るのではなく、食事から栄養を摂るように指導を受け、具体的には3日に1ぺんは牛肉を食べるように言われました。

 野菜をこんなにも食べる習慣はなかったのですが、野菜が大好きになり、野菜とお肉をバランスよく食べることにより、お肌の調子が良くなりました(恐らく便秘が解消したため)。今ではバラバラだった生理周期がだいぶん整いつつあります。ちょっとだけ手間をかけるだけで、こんなに、いいことづくめになって、やはり食事は大事なんだなぁと思いました。

結果

 耳ツボの先生のご指導のおかげで、約2ヶ月で9キロ痩せました。2週間で3キロあっという間に落ちましたが、これは耳つぼの効果というより糖質制限のお陰です(笑)糖質制限は食事の量を減らす食事法ではないので、耳つぼダイエットは意味がなかった気がしますが、耳ツボの先生のお陰で痩せたことは事実です。感謝しています。

 糖質制限は効率よく痩せられて、いいことばかりだなぁとこれからの人生、ちょこっとだけ糖質に気を配りながら、楽しい食生活を送りたいと思います。

[参考記事]
「5年の糖質制限で25キロの減量。ポイントは糖質offの商品」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top