Read Article

広告

夕食を鶏の胸肉に変えただけの糖質制限。3か月で5kg減量に成功

この記事は20代の男性に書いていただきました。

…….

 大学時代は週に3回ほど運動していたこともあり、体重は75kg(身長は178cm)で筋肉質の体型だったのが、社会人になって運動をやめてしまい夜遅くに食事を摂る生活に突入。1年半が経過した23歳の時に80kgまで体重が増えてしまいました。明らかに体型も変わってしまい、昔買ったズボンがきつくてしょうがなくなってしまったことでダイエットを決意。仕事が忙しく運動を再開するのは難しかった事情もあり、糖質制限ダイエットをすることにしました。

 この時、目を付けたのが鶏の胸肉。社会人になりたてでお金もあまりなかったので、安く手に入る鶏の胸肉はうってつけの食材だったのです。

広告

夕飯は毎日鶏の胸肉

 お腹が減ってしまうと力が出なくなってしい仕事に影響が出てしまうと考えたので、朝食と昼食はあまり変えない方針でダイエットをすることにしました。

 朝食は軽めにシリアルを食べて、昼食は好きなものを食べることにしていました。結果として、昼食は好きなものを食べていたことがストレスを貯めないことに大きく貢献し、挫折することなく3か月のダイエット生活を乗り切ることができました。

 さて、夕飯はどうしていたかといいますと、毎日鶏の胸肉を200g~300g食べていました。鶏肉は糖質量0gです。豚肉や牛肉は多少糖質量を含んでいますが、100g当たりゼロコンマの量しかないので極微量です。

 鶏胸肉の調理法は、おおまかに切った後に電子レンジを使って蒸すことが多かったです。毎日同じ食材を食べることになるので、味付けには気をつかっていました。ただし、醤油、天然塩+コショウ、低糖質のドレッシング、マヨネーズのいずれかです。ソースとケチャップは糖質量が多いので、使っていません。

 そして夕食時は鶏胸肉の他は他に何も食べないようにしていました。鶏胸肉はカロリーが少ないのに満足感が高く、飽きるというハードルさえ乗り越えることができればそんなに辛い思いをすることもなく実践できると思います。私の場合はこのスタイルが合っていただけで、便秘気味の人は鶏肉の他に野菜を一緒に食べてもいいと思います。

外食の時はどうしていたか?

 ダイエット中は外食の時にうまく食事をコントロールできるかどうかも大事なポイントですね。出かけている時の外食にはコンビニエンスストアなどで売っているサラダチキンを活用していました。コンビニなどで簡単に手に入る上に鶏の胸肉を使用しているため外食時も手軽に糖質制限ができるのでおすすめです。また、家でどうしてもお腹が減って間食をしたくなった時にも、サラダチキンを食べればかなりの満足感を得られるので使いやすいですね。

 自分で外出している時の外食はこうしてコントロールできるのですが、大変なのが宴会。参加しないわけにはいきませんし、居酒屋のメニューは高糖質・高カロリーのものがほとんど。ある程度は付き合いもありますし、ストレス解消にもなりますから食べてしまうのも手ですが、できる限り糖質の少ない枝豆やサラダ、刺身などを中心に食べていました。

食べたくてしょうがない時には?

 糖質制限ダイエットをしていて、無性にラーメンや焼きそばなどを食べたくなる夜がありましたし、実際に食べてしまったこともありました。でも、皆さんにはお勧めしません。ものすごく後悔して嫌な気持ちになります。

 食べたい気持ちはずっとは続きませんからいったん別の糖質の少ない食材を食べてやり過ごすのがベストです。私は6pチーズを2つくらい食べるか、サラダチキンを食べていました。

その後

 3か月で5kgのダイエットに成功した後、鶏胸肉中心の糖質制限ダイエットはいったん中断しているのですが、糖質の摂りすぎに注意するようになったおかげで体重をキープしています。糖質制限ダイエットによってよい癖がついたことも良かったと感じています。

[参考記事]
「1ヶ月で10キロ痩せた私の糖質制限ダイエット法を公開」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top