Read Article

広告

糖質制限を実践している芸能人

広告

芸能人で糖質制限を行っている人は意外と多いです。

糖質制限はやってみれば分かりますが、糖質の誘惑に勝つのが大変です。

しかし、芸能人は役作りのためなど目的がはっきりしているので、止めるわけにはいかないわけです。

だから、糖質制限ダイエットで減量に成功する人が多いのでしょう。

①山本耕史さん

山本さんは「ほぼ炭水化物は食べていません。肉と野菜が中心の食事です」と言っています。

目的は痩せるためです。

4Kテレビなどの登場でテレビの画像が良くなっているためにテレビ映りを気にしていると言っています。

ちなみに、奥さんの堀北真希さんは炭水化物も通常通り摂っているようです。

通常、家族持ちで糖質制限をする場合、自分だけが糖質をゼロにすることは不可能に近いです。

「調味料に砂糖を使わないでね」とかいちいち奥さんに指示すると「だったら、自分で作ってよ」と言われるのがパターンです。

②ガクトさん

ガクトさんは筋婦負入りの糖質制限実践者です。

お米を10年以上食べていないと言ってますので、完璧な炭水化物抜きを行なっています。

山本さんと同じで肉と野菜が中心ですが、野菜の比率の方が高いそうです。

しかも、1日に1回しか食事をしないというので、もう太りようがないですね。

糖質制限は肉をたくさん食べられるので楽勝でしょと言われる人がいますが、それは誤解です。

糖質の誘惑に勝てる人の方が少ないです。

糖質とはコカインより中毒性がありますので、これを絶つことは想像以上に大変です。

それを1日1回しか食事をしない上に糖質制限まで行っているとなると相当な精神力をガクトさんが持っているということでしょう。

③チュートリアル 徳井義実さん

徳井さんは番組の企画で2か月間の限定ですが、糖質制限を行っています。

結果は見事に10キロ体重が落ちました。

その後、徳井さんはリバウンドして数キロ増えてしまいましたが、糖質制限は止めた後が大事です。

糖質制限をした後のお米って死ぬほど美味しいですからね(笑)

その結果、食べ過ぎて太ると言うのが通常のパターンです。

ライザップで2か月糖質制限を頑張って痩せたけどリバウンドしましたというブログを読みましたが、糖質制限を止めた後も通常の食事に戻ったら太るに決まっています。

④福山雅治さん

福山さんはダイエットの為ではなく体調の管理のために糖質制限を行っているそうです。

奥さんの吹石一恵さんが料理を作っていると思うのですが、夫婦で糖質制限を行うことが一番理想的です。

もし家族持ちで糖質制限を行なう場合には家族を説得するか、諦めるか2つに一つです。

⑥玉木宏さん

玉木さんはドラマの役作りのために白米を抜いたダイエットを行い、6キロの減量に成功しました。

白米を抜くだけでもかなりの糖質オフになりますので、効果は絶大です。

白米の糖質は100g当たり約37gですので、一番厳しい糖質制限(1日60g)では白米たった一杯で糖質許容量の半分以上を消費することになります。

⑦彦麿呂さん

彦麿呂さん(元の体重は100キロ以上)は普段食べている炭水化物を半分にして、野菜を多く食べた結果、3か月で約20キロの減量に成功しました。

彦麿呂さんのような太っている人は糖尿病を持っている割合が多いので、糖質制限は止めてはいけません。

糖尿病の末期になると目が失明したり、足が壊疽してきますので、こうならないためにも糖質制限を一生続けることが必要です(糖尿病を本格的に治療する場合には1日糖質60gに制限する必要があります)。

このような太った人が糖質制限をいきなり行なうと低血糖になりすぎてしまう可能性もありますので、高雄病院などの糖質制限専門病院で指導してもらうことをお勧めします。

⑧小森純さん

小森純さんは妊娠中に16キロほど太ったそうですが、出産後に糖質制限を行って元の体重に戻ったそうです。

妊娠中は胎児の体重3キロと羊水1キロを入れても、通常は約7キロくらいの体重増で済むのですが、小森さんの場合は16キロの増加ですので、明らかに太り過ぎです。

⑨唐沢寿明さん

役作りのための数か月間、牛肉と野菜のみを食べていたそうです。

何キロ落とせたかは分かりませんが「簡単に体重が落ちた」と語っています。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top