Read Article

広告

糖質制限で納豆や豆腐は食べても大丈夫?

広告

結論から先に言うと糖質制限では納豆や豆腐を食べても大丈夫です。

大豆100g当たりの糖質は生が11.1g、茹でた大豆が2.7gです。

生大豆ではそれなりの糖質を含んでいますが、茹でれば4分の1ほどの糖質量に減ります。

豆腐も納豆も蒸された大豆を使っているので、茹でた大豆の糖質が基準になります。

では納豆や豆腐はどれくらいの糖質を含んでいるのか。

絹ごし豆腐50gの糖質は0.8g

木綿豆腐50gの糖質は0.6g

(豆腐1パック約300g)

納豆50gの糖質は2.7g

ひきわり納豆50gの糖質は2.3g

(納豆1パック45gから50g)

納豆は茹でた大豆よりも糖質が多いですが(納豆100g当たり5.4g)、その理由はあのネバネバにフラクタンという糖が含まれているからです。

2016-04-02_093652

糖質制限では豆類で食べていいのは大豆だけです。

他の豆類は糖質が多いので、例え茹でてあってもNGです。

例えば100g当たり茹でた小豆は40.9g、茹でたインゲン豆は38.5gの糖質を含んでいますので、茹でた大豆の2.7gと比べると15倍ほども多く糖質を含んでいます。

大豆製品の中で私がお勧めしているのが納豆です。

腸内細菌を味方につける30の方法 [ 藤田紘一郎 ]」という本のなかで、藤田紘一郎教授は「納豆は腸内環境を改善させるので毎日食べている」と言っています。

糖質制限食では肉を多く食べるので、野菜をたくさん食べないと腸の環境が悪くなります。

その時、手助けしてくれるのが納豆です。

3パックで100円ほどで売っていますので、経済的にも安上がりです。

糖質制限をしている方は是非、納豆を食べてください。

[参考記事]

「血糖値を下げる腸内細菌」

「乳癌の予防法をまとめてみた。北斗さんの乳癌は肥満も一因か」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top