Read Article

広告

結婚式までの4カ月で糖質0g麺などの糖質制限食で10キロ減

広告

 

この記事は30代の女性に書いていただきました。

………

私は糖質制限で4カ月約10キロのダイエットに成功しました。
他人に太っていると言われた記憶はないですがスリムだね!と言われたこともない体型を幼い頃から30歳まで維持してきましたが、自身の結婚式でモデル並みに細身の主人と並んでも恥ずかしくないように痩せることを決意しました。
数あるダイエットから糖質制限を選んだのは、白飯に執着心がなく、抜くことが苦じゃなかったから。
逆に大好きな麺類やパン、スイーツは糖質制限を考慮された代用品が種類豊富に存在し、そして安価に販売されるようになったからです(紀文の
糖質0g麺など)。
また、糖質がほぼ含まれないお肉やお魚はむしろ積極的に摂ってよいというのも魅力でした。

糖質制限中のメニュー

一日の総糖質摂取量が60〜70g、一度の食事では20gを超えないようにするというのをルールに定めていました。
原則タブーとされる食材も活動量のある朝には少量摂っておりましたし、おやつもストレス軽減の為にほぼ毎日食べていました。
おやつはだいたいエリスリトール入りのデザートを食べていましたが、糖質10gを目安にしていました。
エリスリトールはカロリー0で、しかも血糖値を上げない糖ですので、上記の糖質量には含めていません。

一日の食事内容を抜粋すると
〈朝〉
・生野菜サラダ
・卵2つ分のオムレツ
・焼いたウインナー1本
・小さくて薄い全粒粉パンにチーズをのせてやいたもの、これに少しジャムをのせることも
・キウイなど低糖質の果物少量
・ブラックコーヒー

〈昼〉
・トマトとえのきの豚バラ肉巻き
・キャベツの千切り
・豆乳とキノコのスープ 食べるラー油がけ

〈おやつ〉
・エリスリトール(糖アルコール)を使ったチョコレートなど
ファミマとライザップのコラボ商品のゼリーやプリンも食べていました。

・ブラックコーヒー

〈夕〉
・もずくの素麺風or紀文の糖質0g麺
・ほうれん草のおひたし
・ささみの霜降りお刺身
・なすのお味噌汁
・無糖ヨーグルト
もずく100g当たりの炭水化物は1.4gですが、このすべてが食物繊維ですので、糖質は0g。

と、このように糖質を意識した献立でした。
食事以外に気を付けていたことは夕食を早めに済ますようにしたくらいですが、糖質制限を開始してから二週間ほどで3キロ減りました!
体が軽くなると不思議と動きたくなるもので、往復5kmくらいのウォーキングと家でできる筋トレも組み合わせると1ヶ月経つ頃にはあっという間に5キロ減量していました。
洗顔した時、手のひらいっぱいにあった頰のお肉もこの頃にはすっかりなくなっておりました。
無理や我慢は無かったので、息抜きもさほど必要ありませんでしたが、主人と外食するときはよく焼肉を食べました。
お肉自体には糖質はほぼないですからね。
勿論ご飯は頼まず野菜で巻いたりして食べましたし、タレより塩味や醤油で食べるようにしました。

その代わり糖質をほぼ含んでいないウイスキーと炭酸水からなるハイボールなんかはたまに楽しみました。
カロリーでなく糖質でみる糖質制限ダイエットなので、ファミレスにも意外に食べられるものが多く、ダイエットしていない友達との食事も全く問題なく助かりました。

結果は

糖質制限ダイエット開始から結婚式までの4ヶ月、わたしは最終的に10キロ減量することができました。
上記の食事をし、軽い有酸素運動と筋トレを無理なく続け、たまには運動だってサボる日もありましたし、ビュフェに行く日すらありましたが停滞期もなくするすると痩せました。
糖質を控えることで一番よかったと思うのがどんなサプリを飲んでも、高級なマッサージをしてもパンパンにむくんでいた脚が、驚くほどすっきりスリムになったことでした。
あまりの嬉しさにもう30歳を過ぎたのに膝上スカートを着てしまったり笑
寝起きの気だるさも軽くなり、精神的にも前向きになった気がします。
自分に合った献立を見つけることができればずっと続けることができ、たまの旅行やたまの大食いで体重が増えてもどらないなんてことはありません。
嗜好品が好きな人にこそ向いているダイエットかもしれません。

[参考記事]
「ライザップとファミマのコラボ商品の糖質を調査。糖質制限でもいける?」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top