Read Article

広告

糖質制限食ではハムやソーセージを食べても大丈夫?

広告

ハムやソーセージはどれくらいの糖質を含んでいるのかを日本ハムと伊藤ハムを例に説明します。

初めに日本ハムの「彩りキッチン® ロースハム」の糖質量を見てみましょう。

ssaasas

この商品は1パック4枚入っているのですが、1枚当たりの重さは9g(4枚で36g)です。

そして、1枚当たりの糖質は0.47gです。

4枚全て食べても糖質の量は1.9gですので、日本ハムの「彩りキッチン® ロースハム」は糖質制限食で食べても大丈夫です。

成分表には食物繊維の量が載っていませんでしたので、炭水化物を全て糖質とみなして計算しています。

しかし、ハムには食物繊維は入っていませんので、ハムの場合には炭水化物=糖質です。

次は伊藤ハムの「朝のフレッシュ ロースハム」の糖質量を見てみましょう。

sassd

1パック4枚入っているのですが、1パックで2.0gの糖質が入っています。

1枚当たりで換算すると0.5gの糖質を含んでいることになります。

伊藤ハムの「朝のフレッシュ ロースハム」の糖質量も全く問題ありません。

次は日本ハムのソーセージ「シャウエッセン」の糖質を見てみましょう。

ssdvsvv

100g当たりの糖質は3gですが、1本(20g)当たりで計算すると0.6gです。

ですので、ソーセージの糖質に関しても全く問題ありません。

ハムやソーセージの糖質に関しては問題ありませんが、私が気になるのがWHO(世界保健機関)の発表です。

WHOはハム、ソーセージ、ベーコンなどの加工食品を食べると大腸がんになるリスクが高くなると言っているからです。

しかも、ガンになるリスクが一番高い「グループ1」に分類されていますので、最悪の発癌物質ということになります。

WHOは世界中の研究を集めてきて、それを評価して、癌の危険性をランク付けしているので、一番詳しい立場にいるわけです。

業界団体はこの発表に対して猛反発していますが、私は「疑わしきは近寄らず」と思っていますので、これらの加工食品は一切食べていません(食べ過ぎなければ大丈夫だとは思いますが)。

糖質制限を実践している人は糖質以外の食品の添加物や発癌性などにも目を向けるのもいいですよ。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top