Read Article

広告

炭水化物を抜くと筋肉は落ちるのか

広告

炭水化物(糖質)を抜くと筋肉は落ちると言っている人がいますが、これは嘘です。

炭水化物を抜く食事を糖質制限食と言いますが、この食事法は糖質を約10%(通常は60%)ほどしか摂りません。

糖質を60%摂る食事の場合、炭水化物(糖質)を胃や腸でブドウ糖に分解して、それを脳などを動かすエネルギー源としているのですが、糖質制限食の場合は食べ物から供給される炭水化物(糖質)が少ないので、糖新生というシステムでブドウ糖を作り出します。

糖新生とは「筋肉などのタンパク質」や「中性脂肪」などを分解してブドウ糖を生み出す仕組みです。

ですので、それが炭水化物を抜くと筋肉が落ちる根拠に使われています。

しかし、糖質制限とは関係なく、人体のタンパク質は毎日体重1kgにつき4gから5g古いものから新しいものへと入れ替わっており、これは筋肉のタンパク質でも同じです。

つまり、炭水化物を食べても食べなくても筋肉などのタンパク質は絶えず分解され、そして合成されているのです。

合成に利用される新たなタンパク質は肉や魚などから供給されたり、分解されたタンパク質を再利用して作られるので、糖質制限食を食べていても筋肉が落ちることはありません。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top