Read Article

広告

炭水化物抜きダイエットの際には肉の種類に気を付けて

広告

炭水化物抜きダイエットをする場合、肉を食べる割合が増えますが、その際にはハム、ソーセージ、ベーコン、コンビーフ、ビーフジャーキーなどの加工肉はあまり食べない方がいいです。

なぜなら、WHOがこれらの食品を1日50g摂取するごとに大腸癌のリスクが18%高まると発表しているからです。

それに伴い、ハム、ソーセージ、ベーコン、コンビーフ、ビーフジャーキーなどの発癌レベルをタバコと同じ「グループ1」に変更しています(グループ1は発癌性のレベルが1番)。

さらには赤味の肉も大腸癌のリスクが高いと判断し、「グループ2A」に変更しています(「グループ2A」は上から2番目の危険度)。

赤味の肉の場合には100gを食べるごとに大腸癌のリスクが17%増えます(WHO発表)。

通常、赤味の肉は脂肪分の少ない部位のことを指しますが、WHOが警告している赤味の肉は部位のことではなく、鶏肉を除いた全ての肉のことです。

つまり、豚肉、牛肉、馬肉など哺乳類のほぼ全ての肉が対象になります。

もちろん、WHOはこれらの肉を一切食べてはいけないと言っているわけではなく、極力食べる比率を少なくしてくださいと奨励しているだけです。

日本人の加工肉の摂取量は1日13g、赤味の肉の摂取量は50gが平均値ですので、極度に恐れる必要はないのかなと個人的には思います。

しかし、糖質制限をしている人の場合は炭水化物を摂らない代わりに、肉の量がどうしても増えてしまうので赤味の肉はあまり食べない方が安全です。

その代り、タンパク質は鶏肉と魚から摂りましょう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top