Read Article

広告

間違えた糖質制限は危険。野菜ジュースは野菜の代わりにならない

広告

この記事は20代の女性に書いていただきました。野菜ジュースを野菜代わりにして栄養不足になってしまったそうです。

……

 糖質制限をしようと思ったことはありますか?血糖値が高いと言われた。ダイエットがしたい!など、糖質制限をしようと思う理由は様々です。糖質制限を成功させる人はどんなやり方をしているのか、もしくは失敗してしまう人の盲点はどこにあるのか。私の実体験を元にいくつかお話ししたいと思います。

食生活が変わった!結婚に潜んでいた落とし穴

 その当時私は入籍を決めたばかりで、大好きな彼のために晩ご飯をたくさん作っていました。旦那はラーメン鉢でご飯を盛って食べる人で大食漢。そもそも私と旦那とでは食べる量が違うのですが、たくさん食べる実家の食事で生活をしてきた旦那にとってあまり食べない私の姿は異様な光景だったのかもしれません。

 食べない私を見てはもっと食べないと力つかないよ!どうしたの?元気ないの?と心配するのです。心配かけちゃダメだ、たくさん食べなきゃ…。私もラーメン鉢にご飯をよそうようになりました。これが悲劇の始まりだったのです。

2.おデブな花嫁?!ついにダイエットを決意

 同棲を始めたのは1月だったのですが、2ヶ月経ったある日私は鏡の前でポッコリ出たお腹を見て驚愕しました。いつの間にか下っ腹がこんなに出てる!異常な早さで大きくなるお腹を見て、真っ先に妊娠を疑いました。喜んで旦那に相談し、一緒に婦人科に行きました。すると、先生に「赤ちゃんは居ません。ただの太り過ぎ。ここに写っているのは脂肪の壁です。」と言われてしまったのです。めちゃくちゃ恥ずかしい。

 同棲した当時160センチの身長で53キロでしたが、その時病院で体重を測って驚愕。体重計には61という数字が…。2ヶ月の間に私の体重は8キロも増えていたのです!4ヶ月後の7月には結婚式をひかえていたので、目の前が真っ暗になりました。その時にやっていたテレビでのダイエット方法が糖質制限のダイエット。とにかく見よう見まねにするしかない…それが糖質制限の始まりでした。

3.間違えた糖質制限は危険

 ダイエットをした事がなかった私にとって、最初はなにも分からず、糖質制限と言っても白ご飯を食べるのを止めただけで、食べていたものは以下の通りです。体重は1キロしか減りませんでした。誤差の範囲と言ってもいいでしょう。
ダイエット開始14日 61キロ→60キロ
朝:お惣菜パン
昼:お惣菜パン、チョコレートなどのお菓子
夜:根菜の味噌汁、大根サラダ、生姜焼きなどの肉料理

 我ながらこんなに志(こころざし)の低いダイエットをしてたと思うと腹が立ちます(笑)インターネットで糖質の多い食べ物を調べると、パンはもちろん糖質が多い食べ物でしたが、お惣菜が入っているから大丈夫だという安易な考えがありました。

 そしてダイエット中には良いとされているポリフェノールが入ったチョコレートも、甘い砂糖が多く入っているのでダメ。ヘルシーだと思ってやってた根菜類も糖質が多いと知り、驚きました。根菜類は量を限れば多少は大丈夫ですが、朝と昼がパンですから、あまり良い組み合わせではありませんでした。糖質を制限するどころか三食しっかり糖質とってんじゃねーか!と思いました。

 私はここから一気に挽回。食生活がガラリと変わります。
ダイエット開始42日 体重60キロ→58キロ
朝:野菜ジュース
昼:野菜ジュース
夜:キャベツやレタスなどの葉野菜中心のサラダ、ワカメ味噌汁

 順調に体重が減っていましたが、これは糖質制限ではなく、ただの食事制限によって痩せたのではないかと思われます。この時悩んでいたのは異常な空腹感。食事を急に摂らなくなった為に、エネルギー不足になり、昼頃は毎日強烈な眠気に襲われました。。

 後から調べて分かったのですが、野菜ジュースは糖質が多すぎることと、栄養素がほとんどありません。ただのジュースみたいなものです。野菜ジュースは野菜の代わりになりません。野菜ジュースを朝昼に飲んで、夜はたんぱく質なしの野菜中心という生活ですから、栄養不足になりますよね。野菜=糖質が少ないのは事実ですが、野菜ジュースとなると話が別。ここは糖質制限をしている人でも間違えている人が多い気がします。このような安易な思い込みは危険ですので、糖質制限のルールを良く調べてから行うべきです。

 間違えた糖質制限を行っていたせいで、空腹感に耐えきれず甘いものがとにかく食べたくなりました。空腹感をしのぐために炭酸水を飲んで耐えていましたが、夫がお米を食べているのに私はそれを見ているだけで、我慢するのが本当に辛くて諦めたいと思っていました。

4.体重が減り始めた!正しい知識で2ヶ月で4キロ減

  結婚式まで2ヶ月を切った頃、私は藁にもすがる思いで他のダイエットの方法を探しました。もう糖質制限は諦めよう。そう思っていたのです。しかし、ダイエット法を調べているうちに私の糖質制限は間違いだらけだった事に気付いたのです。先ほどの野菜ジュースのことも、この時に調べて分かりました。

 まず私が根本的に勘違いしてたことは、炭水化物を全く摂ってはいけないと思っていたこと。緩い糖質制限(1日糖質140gが上限)であれば小茶碗に1杯毎食お米を食べることができると分かりました。小茶碗1杯(100g)で約37gの糖質量ですので、残りの10gの糖質量をおかずから摂ればいいのです。多少、糖質量をオーバーしてもいいと言う気持ちで行っていましたが、それでも通常の糖質量よりも半分程度になること、食事のバランスが良くなったことで、間違いなく痩せると思いました。

 早速食生活をもう一度見直して、再チャレンジしました。メニューは以下の通りです。

ダイエット開始120日 体重57キロ→53キロ
朝:お米小茶碗1杯、魚、野菜+海藻サラダ
昼:お米小茶碗1杯 、納豆、野菜スープ
夜:お米小茶碗1杯 、葉野菜中心のサラダ、蒸し鶏などのタンパク質、ワカメと豆腐の味噌汁

 この食生活にして2か月で体重が4キロ減りました。お米は小茶碗1杯、毎食食べるようにして、お魚やお肉などのタンパク質や野菜もきちんと摂りました。やはり、私には緩い糖質制限の方が向いていたようです。

 そして、運動をして筋肉量を増やし、基礎代謝を戻していったのです。私の場合、厳しい運動はしませんでした。ダイエットをやめた瞬間、絶対リバウンドをするからです。軽いウォーキングをして普通の身体の代謝を目指しました。

 実は始めの1週間は体重が増加しました。これは野菜ジュースだけの食事をしていた時の飢餓状態により、一時的に脂肪を蓄えようと身体が反応した為でしょう。しかしこれは飢餓状態から脱出して代謝を上げる為に必要な事でした。

 ここから猛反撃!外食でも、高タンパクな鶏肉を食べれるように焼き鳥屋にしてもらうなど夫などに協力をしてもらいました。この生活を続けた結果、ついに結婚式当日53キロまで減らすことが出来たのです!

5.まとめ

 いかがでしたか?私は糖質制限をしたおかげで結婚式は大成功。一生の思い出となりました。糖質制限はとても効率のよいダイエット法です。正しい知識があれば健康的に痩せることもできます。しかし、間違えた糖質制限は栄養失調などの危険な状態になりますので、よく知識を得てから行ってください。先ほども書きましたが、野菜ジュースを野菜代わりにすることは止めてくださいね。

[参考記事]
「私が1か月で5キロ痩せた厳しい糖質制限のルールとメニュー」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top