Read Article

広告

糖質制限食ではプロテインを食べても大丈夫か?

広告

初めにプロテインとは何かを抑えておいて欲しいのですが、これはタンパク質を効率よく摂るための補助食品です。

一番厳しい糖質制限食のタンパク質の摂取比率は約35%ですが、これは一般の食事と比べるとかなり多いです。

通常の食事のタンパク質の摂取比率は約15%です。

糖質制限食は一般の食事と比べるとタンパク質の割合が20%多いので、特別にプロテインを多く摂る必要性はありません(プロテインは一般の食事をしている人を対象にしています)。

しかし、どうしてもプロテインを摂りたい人は栄養成分に気を付けてください。

商品名にはプロテインと書いてあっても炭水化物の量が多いものもあるからです。

例えば「ゴールデンタイムプロテイン」という商品です。

fwewewer

この商品はトレーニング後の栄養補給と言うコンセプトで売っているので、これはこれでいいわけですが、タンパク質摂取が目的であれば適していません。

この商品は100g中76.7gが炭水化物ですが、これは糖質が多い小麦粉とほぼ同等です。

もし、タンパク質の比率が高いプロテインを摂りたいのであれば「ホエイプロテイン」がいいでしょう。

この商品は100g中89.0gがタンパク質で、炭水化物は0.7gです。

yttt

しかし、筋肉を付けるにはタンパク質だけではなく、炭水化物の役割も大きいです。

炭水化物を摂った時に分泌されるインスリンは筋肉にエネルギーを届けたり、筋肉などのタンパク質の合成にも関わっていますので、筋肉トレーニングが日課の人はトレーニングの前に糖質を摂った方がいいでしょう。

トレーニングをハードに行っていない人は普段の糖質制限食を食べていれば十分です。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top