Read Article

広告

GACKT(ガクト)は糖質制限の実践歴10年以上

広告

GACKT(ガクト)さんは糖質制限食が世間に知られる10年以上前から炭水化物を制限しています。
お米は元々大好きで「お米を食べながら死にたい」と言っているくらいですが、ソロになったのを契機にお米を食べるのを止めたと番組で語っていました。
お米はもちろん、パンや麺類も食べません。
例外的にパンは年に数回ヨーロッパに行った時だけ、ラーメンは年に1回(誕生日)だけ食べているそうです。

一体、ガクトさんはどんな食事をしているのか。
普段の食事は肉、魚、野菜をなるべく火を通さないで料理をするローフードと呼ばれる手法を取り入れています(「バニラ気分!」に出演された時にはシェフに作ってもらっていると言っていました)。
通常、ローフードといえば野菜を過熱しないで食べることを意味するので、ガクトさんの場合も恐らく野菜だけがローフードです(過熱をすると野菜の酵素が壊れてしまうので、そのまま生で食べるほうがいいという考えがローフードの考えです(火を通す場合でも48度以下))。
肉や魚より野菜の比率の方が断然多いと言っていましたので、ガクトさんにとってはローフードは必要不可欠なのです。
肉は牛、豚、鶏などを食べていますが、肉の選択に関しては「舞台が終わるまで牛肉は食べない」「誕生日までは豚肉は食べない」などと決めているそうです。

以上の食事を1日に1回、それ以外は基本的に食べません
糖質制限食を1日1食というのは一般の人では絶対に無理ですので、真似しないようにしてください。

[補足]
ガクトさんが番組でシュークリームとかケーキを食べているのを見たので、恐らく私生活だけは糖質を制限しているのでしょう。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top