Read Article

広告

炭水化物を摂ると眠くなるのはなぜ

広告

食事をした後に眠くなるのは炭水化物の摂りすぎが原因です。

私の職場では昼ご飯を食べた後にデスクで寝ている人が多くいますが、彼らが食べていたものは丼もの、麺類、おにぎり、菓子パン、野菜ジュースなど炭水化物を含んでいるものばかりです。

なぜ、炭水化物をたくさん摂ると眠くなるのか。

それには血糖値が関わっています。

食事で炭水化物(糖質)を摂ると、血液中のブドウ糖が一時的に増えるのでインスリンを増やさなければいけません。

インスリンは血液の増えすぎたブドウ糖を細胞に供給して、血糖濃度を一定に保つ働きがあります。

そうすると今度は血液中のブドウ糖が少なくなり(低血糖)、一時的に脳へのエネルギーの供給が少なくなります(ブドウ糖が脳のエネルギー源)。

そのため脳の活動量が減り、眠くなります。

食後に眠くなる他の説

満腹になるとレプチンというホルモンが分泌されるのですが、この物質が眠気を引き起こすと言われています。

しかし、私はこの説に同意できません。

なぜなら、糖質制限食を満腹に食べても眠くならないからです。

「炭水化物が人類を滅ぼす」の著者 夏井さんは(医者)「昼に炭水化物を摂っている医者は皆ソファーで爆睡していますが、糖質制限食を食べている私は何ともない」と言っています。

一回でもいいので、試しに炭水化物を一切抜いてみてください。

眠くならないことを実感できるはずです。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top