Read Article

広告

炭水化物を制限するダイエットとは

広告

炭水化物を制限するダイエットは「糖質制限ダイエット」と呼ばれています。

糖質制限食は元々は糖尿病患者のための治療食ですが、これをダイエットに転用したのが糖質制限ダイエットです。

糖質制限ダイエットは炭水化物(糖質)以外であれば何でも食べていいので、カロリー制限食のようにカロリーを計算する必要はありません。

日本人は普段、糖質を6割、脂質を2.5割、タンパク質を1.5割摂っているのですが、糖質制限ダイエットの場合は糖質を1割、脂質を6割、タンパク質を3割です。

ですので、糖質制限ダイエットはこれまでの炭水化物中心の食事内容を根本的に変えなくてはいけませんので、挫折する人が多いのが事実です。

お菓子やケーキはもちろん、お米、パン、麺類も食べることができません。

食べることができるのは肉、魚、卵、豆腐などタンパク質と脂質が中心の食事です(参考記事糖質制限の疑問③食べていい、食べていけない食べ物って何?)

肝心の糖質制限ダイエットの効果についてですが、実践すれば確実に痩せます。

太る要因として脂質より糖質(炭水化物)の方が大きいのです。

炭水化物(糖質)は体内で分解されてブドウ糖になるのですが、一部は脳などを動かすエネルギーになります。

しかし、余ったブドウ糖は中性脂肪として蓄えられます。

肉の脂肪も一部は細胞などのエネルギーとして使われ、余った分は中性脂肪として蓄えられます。

どちらも中性脂肪に蓄えられる過程は同じですが、糖質(炭水化物)を制限をしていると中性脂肪の数値が100mg/dl以下(中性脂肪の正常値は30mg/dlから149mg/dl)に下がります。

ということは今までの糖質を60%摂っていた生活が中性脂肪を増やしている原因です。

このように糖質制限ダイエットは痩せる効果が高いですが、厳格に炭水化物を抜くことはお勧めしません。

なぜなら、糖質制限食は歴史が浅い食事法ですので、長期間(何十年単位)、実践したデータが少ないからです。

ですので、どうしても痩せたい人は3回の食事の中の1食や2食だけを炭水化物を抜く緩い糖質制限から実践してください。

2食の炭水化物を抜いた場合でも糖質を約110gほど摂れますので、栄養学的にも問題ありません。

これでも十分に痩せることができますので、太っている方はお試しください。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top