Read Article

広告

糖質制限で脂質を摂りすぎると動脈硬化になるの?

広告

糖質制限食は一般の食事と比べてどれだけ多くの脂質を摂っているのか

一般の食事での三大栄養成分の比率は糖質60%、脂質25%、タンパク質15%です。

それに対して糖質制限では糖質12%、脂質56%、タンパク質32%です。

一般の食事では半数以上が糖質、それに対して糖質制限では半数以上が脂質です。

一般的には動物性脂肪を摂りすぎるとコレステロールが血管に溜まって動脈硬化になりやすいと言われていますが、実際にはどうなのか。

確かに少し前までの常識では正しいです。

厚生労働省も食事により血中のコレステロールが増えると考えていたので、基準値を設定していました。

しかし、食事でコレステロールを多く摂っても血中のコレスロールは増えないことが分かったのです(つまり、因果関係はない)。

その結果、コレステロールに関する基準は2015年に撤廃することになったのです。

実際に糖質制限をしている人のコレステロールの数値はどうなのか。

糖質制限をするとHDLコレステロール(善玉コレステロール)が増えて、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)が減ります。

HDLコレステロールが増えてLDLコレステロールが減るということは動脈硬化になりにくいとされています。

これらのコレステロールについては「糖質制限の疑問①筋肉とコレステロールは増えるか減るか」で説明したので参考にしてください。

HDLコレステロールが少なく、LDLコレステロールと中性脂肪が増えすぎると動脈硬化のリスクが高まりますが、糖質制限を行うと中性脂肪が減って、HDLコレステロールが増えるので心筋梗塞を引き起こすリスクは少なくなります。

ですので、糖質制限で肉の比率を多くしてもコレステロールが溜まって動脈硬化になることはありません。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top