Read Article

広告

炭水化物抜きの食事(糖質制限)は危険だと批判している医師

広告

イシハラクリニックの石原結實医師は「炭水化物を抜いた食事(糖質制限食)は危険」と言っています。

石原先生が炭水化物を抜いた食事(糖質制限食)は危険だと判断している根拠は以下の6つになります。

①人の歯32本のうち20本は穀物をすり潰すための臼歯であること。
それに対して魚や肉を引き裂くための犬歯は4本しかない。
糖質制限食はお米やパンなどの炭水化物を摂らず、肉や魚などの脂質、タンパク質を中心に食べますが、歯の構造から判断すると間違えた食事法である。

②糖尿病の原因は食べ過ぎによる肥満にあるので、糖質だけが悪者ではない。

③糖質制限食はタンパク質や脂質が中心の食事のため、心筋梗塞や脳梗塞の原因となる飽和脂肪酸の摂取が増える。
人間は穀物を中心に食べるべきなのに、糖質制限食では本来食べ過ぎてはいけない肉を多く食べるので動脈硬化になりやすいという訳です。

④人体はブドウ糖が足らなくなるとケトン体を脳などを動かすエネルギー源にします。
ケトン体は中性脂肪を分解することで得られる脂肪酸を材料に肝臓で作られます。
そのため肝臓に多大な負担がかかり、結果的に肝炎や肝臓がんの危険性が増える。

⑤ハーバード大学が糖質制限食を20年間続けると糖尿病の発症率が高くなると発表したこと。

⑥国立国際医療センター病院が「糖質を多く食べているグループ」と「少ないグループ」を比べて前者の方が死亡率が1.3倍少ないと発表していること。

以上

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top