Read Article

広告

ます寿司の糖質量は?糖質制限でも食べられるの?

 

 今回は「ます寿司」の糖質量について書いていきます。

 ます寿司は誰でも知っている富山の名産品です。木の箱に入っていて、中身は竹の葉で包まれている、お馴染みの形状です。

 原料は「ます」という魚とお米がメインで、調味料は酢と塩という単純明快な商品です。一番多く入っている原材料は当然お米ですが、100g当たりの糖質量は約37g、そして「ます」の糖質量はほぼ0です。

 そして、ます寿司に使っている調味料の糖質量ですが、塩は当然0です。酢は、種類によって様々ですが、例えば米酢の糖質量は100g当たり7.4gです。大さじ1杯(15g)で計算すると1.1gです。

 ですが、このような商品に使っている酢は通常は調味料としての酢ですので、他にも砂糖などの原材料が混ざっています。売っている寿司酢を調べたところ、大さじ1杯(15g)で8gくらいの糖質量がありました。通常の酢と比べてまさに8倍も違うのです。

広告

ます寿司の糖質量

 ます寿司の炭水化物の総量ですが、1つ当たり104gです。この量から計算するとお米の量は250gくらいだと思います。吉野家の牛丼並のお米の量とほぼ同じです。そして、ます寿司の食物繊維の量ですが、お米250gで計算すると0.8gです。ですので、ます寿司の糖質量は103gくらいだと思われます(お米の糖質量93gと調味料の糖質量10g。あくまで予想です)。

※炭水化物=糖質量+食物繊維

 今回、私は朝に4分の1に切って食べましたので、糖質量は25gです。これと野菜サラダ、そして豆腐を食べたので、十分満足できました。もちろん、緩い糖質制限の範囲以内です。

 厳しい糖質制限ではそもそもお米自体食べませんので、ます寿司も当然食べませんが、緩い糖質制限(1日の糖質量140g、1食46gくらいまで)であれば大丈夫です。

[参考記事]
「吉野家のメニュー(牛丼など)の糖質はどれくらい?」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top