Read Article

広告

炭水化物は運動前に食べると効果的か?

広告

激しい運動をするのであれば炭水化物は必須です。

引退したマラソンの高橋尚子さんはシドニー五輪で金メダルを取った前の日に、うどんに餅が入った「力うどん」を食べていたことで有名ですが、うどんも餅も炭水化物の塊です。

もちろん、オリンピックの時だけではなく、レースがあるときには数日前から炭水化物を意識して摂っていたそうです。

高橋 

食事は炭水化物が良いです。

私がシドニー五輪で金メダルを取った時の前日に取った食事は、うどんにもちを入れた力うどんです。

それをおかずにご飯を食べると言う真っ白な食事です(笑)。

でも、肉や野菜を全く食べてはいけないと言うことではありません。

できるだけ炭水化物を多めにとるようにしてくださいと言うことです。

「sportsnav」iより引用

では、炭水化物がどのような経路でエネルギーになるのかを説明します。

炭水化物は糖質と食物繊維に分けることができると「炭水化物とは」でお伝えしましたが、この中の糖質がエネルギー源になります。

体の中に入った炭水化物は胃や腸でブドウ糖に分解されて、脳などのエネルギーとして使われます。

炭水化物がブドウ糖に変わるまでには2時間くらいかかるので、マラソン選手はレース当日の2時間前には食事を終えるようにします。

すぐに使われなかったブドウ糖はグリコーゲンという形で肝臓や筋肉などに蓄えられます。

おおよそ、肝臓で70gから100g、筋肉で200gから300g蓄えられています。

この蓄えられたグリコーゲンは体が必要とするエネルギー(ブドウ糖)が足らなくなった時に使われます。

例えばフルマラソンでは30キロを超えた辺りで勝負の分かれ目がきますが、トップグループについてこれるかどうかはエネルギーがどれだけ残っているかで決まります。

その時に役に立つのが先ほど説明したグリコーゲンです。

ですので、マラソン選手などのスポーツ選手は試合の数日前から炭水化物を多めに食べてグリコーゲンを蓄えます。

しかし、グリコーゲンは無限に蓄えられるわけではなく、余ると中性脂肪に変わりますので、スポーツ選手以外は炭水化物(糖質)を摂りすぎてはいけません。

[参考記事]

「炭水化物で中性脂肪は増える?減る?」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top