Read Article

広告

食前に野菜を食べ、1年半で20kg減量。自然な糖質制限が勝因

この記事は20代の女性に書いていただきました。
………….

広告

私がダイエットを始めた理由

 もともと20代のころは体重42kgで細かったのですが、ストレスからの暴飲暴食をし、34歳の時には身長150cm体重70kgになってしまいました。体重が増えすぎたせいで、動悸が酷く、少しのことで息切れしていました。  

 息子に「デブデブ」と言われるようになったことで、ウォーキングを始めましたが、少しくらいの運動では、体重は全然落ちなかったです。そうかと言ってごはん大好きなため、食事制限のダイエットは無理。 

 「さて、どうやって痩せるか?」

 そんなこんなことを考えていたある日、テレビで「糖尿病を予防するには、食前にキャベツなどの野菜を食べるといい。糖の吸収が緩やかになり血糖値が上がりにくくなる」という特集をやっていました。

 そこで、楽して痩せたい私は、「糖尿って、糖質がだめっていう病気だよね?ダイエットにも糖質制限というのがあるし、いいかも。」と安易な気持ちで、「食前にキャベツを食べる」ダイエットを始めました。野菜好きということもあり、ちょうどいいダイエットでした。

 ただ、キャベツだけは、さすがに味気ない。そこで 以前読んだ ダイエット本に「海藻がいい」との記事を思い出し、「ワカメとキャベツのサラダ」でチャレンジしてみました。

実際のメニューは

 食べることが大好きな私の一日のメニューは、
朝食
菓子パンか、総菜パン

昼食
お弁当(しっかり多めで)・リンゴ半分

夕食
ワカメとキャベツのサラダ、お味噌汁、お肉、ごはん

 最初始めた頃はこのメニューでした。ただ、いつもと違うのは 夕食時、一番先にワカメとキャベツのサラダを食べてしまうこと。数日経つと「あれ、お米多すぎたかな?」と思うくらい、いつもの量のごはんが、食べられなくなってきました。自然と糖質制限になっていました。

 「これは 効いてるかも」と思った私は、ワカメとキャベツのサラダにかけていたドレッシングを、味付けもずく(酢の味付け)に変えたり、めかぶに変えたり、野菜を増やしてみたりしました。

 また、野菜の食べる時間を夕食を作っている最中に、つまり夕食の30分前くらいに食べるようにしてみました。そうすると、お腹に溜まった野菜のお陰で満足感が出て、自然と食欲を抑えることができました。

このダイエットを続けた結果は?

 最初、効果を感じたのは夕食のご飯の量が減ってきたこと。おかずはお肉もお魚もしっかり食べるのですが、ご飯の量がほんとうに減っていきました。ご飯を減らしても、食後にお腹が空くこともありませんでした。「糖質制限をしよう」と思ってお米の量を減らした訳ではないので、ストレスもありません。

 調子に乗った私は、お昼ごはんにも、ワカメとキャベツのサラダを加えることに。そして朝食の菓子パンを止め、和食へ変更。そうこうしていると2か月目で普段履いているズボンがかなり緩くなり、3か月目には買い換えないといけないくらいになりました。 

 3か月目くらいになると体が軽くなってきたため、少しウォーキング等を加えて、筋肉をつけるようにしてみました。

 半年後、身長150cm70kgだった私は58kgになり、12kgのダイエットに成功。現在もこのダイエットを続け、1年半で20kgの減量に成功し50kgへ。筋トレも続けたおかげでリバウンドもしていません

ダイエットの成功要因

 成功の要因は、
〇まず我慢をしないダイエットをしたこと。

〇キャベツやワカメを食前に食べることで、糖質の吸収を緩やかにできたこと

〇ご飯の量が減ったにも関わらず、お腹が空かないので 間食も減ったこと

〇ドレッシングを、味付けのもずく等に変えることによって、糖質を抑えることができたものよかったのかもしれません。

 体が軽くなったことで、出かけることも増えましたし、運動も楽しくなってきました。そして野菜や海藻をたくさん摂ったことで便秘がなくなり、肌の改善につながりました。すっぴんで出かけられるくらい、肌につやがでて、年齢よりはるかに若く見られます。ダイエットしながらお肌の改善までできました。

 私は食べることが大好きで、運動は苦手だったので、「ダイエットなんて無理だろう」と思っていましたが、「食べて痩せる」「自然と糖質制限になる」このダイエットは、本当におすすめです。ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか?   

[参考記事]
「糖質制限食で食べてもいい野菜、ダメな野菜」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top