Read Article

広告

糖質制限食でシチューは食べられるのか

広告

シチューの主成分は何か知っていますか?

実は小麦粉です(意外ですよね)。

小麦粉は何度もこのサイトで取り上げていますが、糖質はかなり多いです。

炭水化物とは糖質と食物繊維の合わさったものですが、小麦粉には以下の通り食物繊維がほとんど入っていませんので、7割以上が糖質から出来ています。

小麦粉100g当たりの炭水化物は
薄力粉 75.9g(2.5)
中力粉 74.8g(2.8)
強力粉 71.9g(2.7)
全粒粉 68.2g(11.2)
カッコの中は食物繊維の数量

では実際のシチューの原料にはどれくらいの糖質が含まれているのか確認してみましょう。

ハウスの「シチューミクス<クリーム>」の原材料は以下の通りです。

小麦粉、植物油脂、砂糖粉乳混合品、でんぷん、食塩、デキストリン、砂糖、乳等調製品、玉ねぎ加工品、オニオンパウダー、チーズ、酵母エキス、チキンブイヨン、野菜エキス、ポークエキス、しょう油加工品、香辛料、調味油、バターミルクパウダー、調味料(アミノ酸等)、香料、乳化剤、酸味料、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)

一番、量が多い原料が前に書かれているので、小麦粉が一番多く入っています。

原材料の3番目と4番目も「砂糖粉乳混合品、でんぷん」なので、原材料の大半が糖質の多いもので占められています。

「シチューミクス<クリーム>」の炭水化物の量は1人前で10.8gです(S&Bの「とろけるシチュークリーム100G」の炭水化物も10.2gほどですので、ほぼ同じです)。

シチューにはその他に鶏肉や豚肉などの肉類、ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ、牛乳を入れますが、これらの材料の炭水化物を入れると約14gほどになります。

思ったほど炭水化物の量は多くないですが、厳しい糖質制限食(1日60g。1食20g)を実践している場合にはシチューの他に野菜サラダくらいしか食べることは出来ません。

緩い糖質制限食(1日に最大140g)であればシチューをメニューの一つとして加えてもまだ余裕があります。

もし、シチューの糖質が気になるようでしたら、玉ねぎやニンジンのような比較的糖質が多い野菜を外して、ブロッコリーなどの野菜を入れてはいかがですか。

野菜の糖質については「糖質制限食で食べてもいい野菜、ダメな野菜」を参考にしてください。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top