Read Article

広告

成城石井のロカボ弁当の糖質量は?

広告

 

 今回は成城石井というスーパーマーケットのロカボ弁当「ロカボ生活!高菜炒飯と四川麻婆豆腐の中華弁当」について書きたいと思います。成城石井は関東や関西、東海地方を中心に展開しているので、それ以外の地域の人は知らない人が多いです。しかし、東京に住んでいる人はほとんど知っているくらい有名なお店です。

 この弁当の糖質量は32.8gです。緩い糖質制限の1日の糖質量の上限は140g、1食で計算すると約47gです。この弁当はこの上限よりも14gほど糖質量が少ないです。仮にこの弁当を3食食べるとすると合計の糖質量は100gです。この弁当だけでは緑の野菜や海藻が足りないので、これらを3食分加えたとしても糖質量は140g以内には収まります。

 では弁当の中身を見ていきますが、高菜チャーハン、海老チリ、マーボー豆腐、ゴーヤチャンプルーの4種類が入っています。この中で一番糖質量が多いのは高菜チャーハンですが、100g当たりの糖質量は約27gです。

 海老チリの糖質量は一皿140gのサイズで約7gです。この弁当の海老チリの量はどれくらいか分かりませんが、3分の1の量で計算すると2.3gくらいの糖質量になります。

 マーボー豆腐の糖質量は一皿200gくらいのサイズで約10gです。これも3分の1の量で計算すると3.3gくらいの糖質量になります。

 ゴーヤチャンプルー の糖質量は一皿160gくらいのサイズで約4gです。これも3分の1の量で計算すると1.3gくらいの糖質量になります。

 かなりおおざっぱですが、以上の量で計算すると33gくらいの糖質量になります。

 実はこの弁当は糖質制限を考慮して作られた商品ということでロカボ認定をされていて、以下のシールが貼ってあります。誰が認定をしているのかと言えば山田悟先生です。山田先生は糖尿病の専門医で、糖質制限の世界では知らない人はいないくらい有名です。

 成城石井の弁当はもう一つ「ロカボ生活!十二品目の彩り弁当」が認定されていて、糖質量は36.4gです。

[山田悟先生の糖質制限食の基準]
〇3食の食事で糖質60gから120g、オヤツで10g
合計70gから130g

味の感想

 成城石井の「ロカボ生活!高菜炒飯と四川麻婆豆腐の中華弁当」の味は弁当としては良くできていて、お店で食べているような味でした。

 食べた後、なぜか凄く眠くなってしまい30分くらい寝てしまいましたが、理由は分かりません。通常は糖質を摂りすぎると眠くなるのですが、この弁当くらいの糖質量では通常は大丈夫です。普通の食事では1食に100gくらいの糖質を摂るので眠くなるのは分かりますが、その3分の1の量でこんなにも眠くなるとは意外でした。

[参考記事]
「糖質制限を実践中でも食べられる弁当を紹介。1食15gの糖質量」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top