Read Article

広告

糖質制限を1年実践し15kg痩せた要因は豆腐!夕食のみの制限

この記事は40代の男性に書いていただきました。

………..

 ある日、休日前夜だったと記憶しています。入浴、夕飯を済ませ、Tシャツ姿でソファに浅く腰掛けていた時の事です。ふとベランダに通じるサッシの窓ガラスに映し出された自分の姿に驚きました。

 「醜い」

 ぶくっとせり出した腹部はいわゆる中年太りのそれだったのです。

広告

決意表明

 3秒くらい頭の中でいくつかのワードが駆け巡りました。「ダイエット」「絶食」「ライザップ」「ランニング」「サウナ」「夜九時以降の食事は太りやすい」「糖質制限」

 この中から消去法で残ったのが、最後の二つだったのです。いずれもTVやネットで見て、頭の中に残っていたものでした。すぐ妻と以下のやり取りをしました。

私「明日の夕食から米は食べない。後、21時すぎる場合は基本何も食べないつもり。」

妻「なんで?」

私「禁煙すると太るって言うでしょ?その為の準備として、少し減量しようと思って。」

妻「わかった。良かった。」

 日頃、妻に「ベルトにお腹が乗っているよ(笑)」などと言われていて「いいんだよ俺はこれで」と返していた私は本当の動機「痩せたい」を伝えるのに少し抵抗があった為、常日頃、禁煙を勧められていたのを口実に決意表明としました。

 私の基本スペックは以下の通りです。

性別:男性
身長174cm
体重:77kg
年齢:47才

食に関して

@好き嫌いなし。
@出された物は残さない。
@早食い
@辛いもの、濃い味のものを好み、甘いもの、酸っぱいものは好まない
@満腹感重視、栄養その他二の次

 糖質制限を始める前の標準的な1日の食事は

朝:おにぎり一個か調理パン

昼:職場に配達される給食会社による
  ご飯
  漬物
  野菜類
  煮物
  焼き魚や揚げ物、カレー

夜:ご飯
  漬物
  サラダ
  みそ汁かスープ的な物
  ギョウザ、生姜焼き、エビチリ、焼きビーフン等

 月に1~3回のペースで外食でラーメン、カレー、うどん、焼肉を食べていました。

 平日は仕事の都合で21時過ぎに夕食を摂ることも少なくなかったのです。

糖質制限ダイエットの実践

 私の糖質制限ダイエットでは夕食のみ炭水化物を抜きます。初めから3食抜いても失敗するのは目に見えていたため、まずは試しに夕食のみ抜いてみようと思いました。

 「満腹感重視」の食生活を長らく送ってきたため、糖質制限でも満腹感を得るにはどうしたらいいのかを考えました。

 「何か米の代わりはないか?」を調べるためスマホで検索。低カロリーのもので代用しようと探し、いくつかの食材をピックアップしました。

@糸こんにゃく
@もやし
@豆腐

 早速妻にラインで豆腐の購入を頼み、初日は豆腐半丁に納豆をかけたものをメインに、他おかず類は出された物を食べます。他のおかずは砂糖を使わないようにお願いをしました。

 このメニューで2~3日はいけました。そのうち飽きてしまい、豆腐を半丁から一丁に変えてみたりしましたが、ダメでした。飽きはどうしようもなかったので、自作メニューを作ることにしました。

 まずは「もやし」からです。もやし一袋にごま油少々、塩こしょうで味付けしたものを豆腐に乗せる。これで飽きは抑えられました。更に開発は進み、「ラーメン風糸こん」「糸こんにゃくペペロンチーノ」「糸こんにゃくの醤油炒め」を豆腐に乗せます。

 すき家では牛丼ライトという豆腐の上に牛丼が乗っているメニューがありますが、これを真似して家で作ることがあります。ただし、牛肉は高いので豚肉で代用します。

 工夫次第でなんとかなるものです。するとだんだんと豆腐が主食の食事が当たり前になってきました。

経過と結果

 糖質制限前の体重は77kgですが、私のベスト体重は67kgなのでプラス10kgも多かったのです。

 豆腐メインの糖質制限生活を始めて3週間目くらいで少し腹囲が減った気がしたのでヘルスメーターに乗ってみると。3kg減。これはいけると考えた私は外食を一切止め、夕食のみの糖質制限を徹底しました。

 ここからは減量のスピードが速く、病気になったのかと心配したほどです。

1ヶ月位で仕事の時につけているベルトに余裕が出てきた感じ

1ヶ月半~2ヶ月でベルト緩い

3ヶ月目には肋骨が出てきて

半年過ぎる頃にはベルトの穴は2個小さくなり、体重は65kg。

 「もしかして癌かも?」少し怖くなった私は勘違いから米を食べ始めますが、1週間ぐらいで体重が戻り始めたので、元に戻しました。1年経った頃に職場で健康診断がありその時の体重は62kgでした。トータルでは15kg痩せました。この分のお肉はどこに行ってしまったのか不思議ですが、人体はよくできています。

 体重(ベルトの窮屈感をバロメーターに)の落ち方は一度速度が乗るとあとは坂道を降るような感じで落ちていった感じです。停滞期はありませんでした。

 現在は夕食にも米を摂取しつつ、お腹が気になった時ヘルスメーターに乗り、糖質制限でコントロールしています。先日計ったところ63kgだったので、ほぼキープした状態で2年経過しました。プールに行くことも抵抗ない位です。

[参考記事]
「糖質制限半年間で16キロの減量した方法。週に一度の解禁日が決め手」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top