Read Article

広告

糖質制限食であまりにも痩せすぎて薬物を疑われました(実例)

広告

この記事は20才の女性に書いていただきました。

…………………..

私が糖質制限ダイエットをやっていたのは、15歳中学3年生の頃です。
当時私は165センチで80キロ近くあり、何かいいダイエットはないかと模索しておりました。
リンゴダイエット、ゆで卵ダイエット、おかゆダイエット、キャベツかさましダイエットなど。
色々とダイエット方法をみつけては試してみましたが、ことごとくダメで太るだけでした。

そんな時に何気なくテレビをみていると、何かの番組で「炭水化物は太る」という情報が流れていました。
そして次の日から炭水化物と言われるものをすべてを抜いてみる事にしました。
ごはんやパン、麺類と言った主食と言われるものはもちろんのこと、ジャガイモやトウモロコシ、かぼちゃ、あとは砂糖などが入ったジュース、お菓子、更には揚げ物の衣なども全て口にしませんでした。
それ以来、食べるものというと野菜、こんにゃく、豆腐、肉、魚を中心にして、味付けも母親に頼んで極力砂糖は使わないようにしてもらっていました。
参考までにメニューを紹介すると
〇朝は野菜サラダ、鶏肉を中心としたお肉、お茶

〇昼は学生なので学校で食べていましたが、母親の作った弁当の中で炭水化物のほとんど少ないと思われるものを食べていました。

〇夜は茹でた鳥に塩を振ったもの、野菜サラダ、お刺身、ゆで卵、お茶などです。
揚げ物が出てきた時には衣をはがして中のネタだけ食べていました。

間食はほとんど食べていませんでしたが、お腹が空いた時にはチーズを食べていました。
家族との外食の時には基本はお肉料理を食べて、ライスは注文の時点で要らないことを伝えていました。

まだ15才でしたので、甘いものも食べたいという欲求が強く、何度も諦めそうになりました。
当然家族と一緒に暮らしている訳ですが、隣でおいしいごはんやお菓子などを食べているのを見て、我慢しなければなりませんでした。
それが一番辛かったです。

何キロ痩せたのか

そんな糖質制限を続けて2週間くらいだったでしょうか、体重がみるみる減っていくのです。
2週間で恐らく4キロ近くは減っていました(80キロ→76キロ)。
そこから更に1か月経つ頃にはスタート時より12キロ体重は減っていました(80キロ→68キロ)。
私の糖質制限ダイエットは約2か月でしたが、最終的には合計18キロも痩せる事に成功しました(80キロ→62キロ)。

確かにものすごいスピードで痩せて嬉しいのは嬉しかったですが、弊害もありました。
あまりにも急激に痩せたので、学校の先生から放課後呼び出しをされたのです。
何か違法薬物をやっているのではないかと疑われたのです。

先生「最近、あまりにも痩せすぎて先生心配してるぞ」

私「私ダイエットしているのです。炭水化物が太ると聞いたので、それをほとんど抜いた食事をしています」

先生「それにしても、痩せすぎではないか」

私「…………」

明らかに先生は私がダイエットで痩せていることを信じていませんでした。
恐らく私がこの時、悪いグループの女の子と仲が良かったからだと思います。
でも、本当に薬物はやっていなかったのですよ、先生(笑)

そして私の両親にも先生からその話が伝わり、糖質制限ダイエットを止めることになりました。

糖質制限ダイエットを止めてその後ですが、すさまじく体重が増えて、元に戻ってしまいました。
デブに逆戻りです(62キロ→80キロ)。
お米もお菓子もジュースでも何でも食べていましたので、当然といえば当然ですが。
今はその時から5年経っていますが、ジュースはお茶に、お菓子は全く食べないようにしている程度ですが、一応これも糖質制限です。
しかし、パンやお米は普通に食べているので、効果は薄いですが、体重が増えなくなったことは事実です。

[参考記事]
「糖質制限食を食べたら、糖尿病薬を飲まなくて済みました(実例)」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top