Read Article

広告

糖質制限ダイエットを実践中でも食べることができるピザ

広告

 

 私は糖質制限ダイエットを始めてから2年が経っています。既にダイエットという感覚はなく、ただの食生活の変化だと捉えています。この間、緩い糖質制限の上限を超えるような食品はほとんど食べていません。その一つがピザです。
 
 ピザはご存知の通り、ベースは小麦粉です。その上に、チーズやベーコンなどを乗せるわけですが、問題は小麦粉の糖質量です。小麦粉といっても種類は様々ありますが、全粒粉を除いて、おおむね7割が糖質です。

小麦粉100g当たりの炭水化物は
薄力粉 75.9g(2.5)
中力粉 74.8g(2.8)
強力粉 71.9g(2.7)
全粒粉 68.2g(11.2)
カッコの中は食物繊維の数量

 糖質制限ダイエットをしている人はピザを食べられないのかと言えば、ほんの一部ですが、食べることができるピザもあります。今回、私は糖質制限用のピザを通信販売で購入しました。その商品名はおたるダイニングさんの「イカ エビ ホタテのイタリアーナピザ」です。1つ当たり(130g)の糖質量は7.1g。

 普通のピザ(チーズとトマトベース)の糖質量はどれくらいあるかと言うと、130g当たり約29gです。糖質制限用のピザと比べると4倍もの差があります。

「イカ エビ ホタテのイタリアーナピザ」が低糖質の理由

 「イカ エビ ホタテのイタリアーナピザ」の原材料は以下の通りです。

ピザソース、チーズ、えび、玉葱、ホタテ貝、トマト、小麦たんぱく、いか、ベーコン、大豆粉、ピーマン、植物油脂、ライ麦粉、おからパウダー、食塩、黒コショウ、粉パセリ、酸味料、調味料、甘味料、香料、発色剤、着色料

①一番多く入っているのは「ピザソース」ですが、この中にはトマト、玉ねぎ、ニンニク、エリスリトール、コンソメなどが入っています。それぞれの糖質量を見てみますと
〇Mサイズのトマト1つで約6g
〇Mサイズの玉ねぎ1つで約13g
〇ニンニク1かけで約1.3g
〇コンソメ1つ(5g)当たり約2g
〇エリスリトールは糖質の分類に入りますが、カロリーゼロで血糖値も上げません

 この中では玉ねぎが一番糖質量が多いですが、少量しか使っていないので問題なしです。普段、玉ねぎを食べる際には少量に抑えて食べてください。トマトもまるまる1つ食べるのではなく、サラダに添えるくらいにしてください。

[糖質制限食の基準]
〇厳しい糖質制限の1日の糖質摂取量は60g以下(1食20g以下)
〇緩い糖質制限の1日の糖質摂取量は70gから140g(1食23.3gから46.6g)

②次に多く入っているのがチーズですが、6Pチーズの1つ分(18g)の重さの糖質量は0.2gです。糖質制限ダイエットの最中、オヤツに食べる人が多いです。

③次にえび、玉ねぎ、ホタテ貝、トマトと続きますが、玉ねぎとトマトは先ほど説明しましたので、今回はえびとホタテ貝の糖質量に関して説明します。えびの種類はたくさんありますが、いずれも低糖質です。
〇クルマエビの20g当たりの糖質量は0g
〇伊勢海老の20g当たりの糖質量は0g
〇サクラエビの20g当たりの糖質量は0.02g
〇大正海老の20g当たりの糖質量は0.02g
〇シバエビの20g当たりの糖質量は0.02g
〇ブラックタイガーの20g当たりの糖質量は0.06g
〇干しエビの20g当たりの糖質量は0.06g

 そして、ホタテ貝ですが、100g当たりの糖質量は1.5gです。こちらも低糖質です。

④次に小麦たんぱくですが、商品によってばらつきがありますが、100g当たりの糖質量は10g前後です。小麦粉自体の糖質量は100g当たり70gを超えるので、これと比べると7分の1です。

⑤次にイカですが、100g当たりの糖質量は0.2gです。イカの1匹当たりの重さは300gですので、全て食べたとしても糖質量は0.6gです。

⑥次にベーコンですが、1スライスの重さが20gくらいですので、これで計算をすると糖質量は0.06gです。

⑦大豆粉ですが、100g当たりの糖質は約13gです。小麦粉自体の糖質量と比べると、大豆粉の糖質量は6分の1ほどです。だから、小麦粉の代わりに大豆粉や小麦たんぱくを使っているわけです。

⑧次にピーマンですが、Mサイズ1個当たりの糖質量は約0.7gです。ピーマンは赤色と黄色の種類もありますが、どちらもMサイズの糖質量は約1.5g。緑ピーマンよりは少し糖質量が多いです。

⑨次にライ麦粉ですが、100g当たりの糖質量は57.4gですので、かなり多いです。しかし、使われている量はたかが知れているので、問題ありません。

⑩次におからパウダーですが、こちらも小麦粉の代わりとして使われています。以前書いた以下の記事を参考にしてください。

おからパウダーですが、100g当たりの糖質量は約6gです。一方、おから自体の100g当たりの糖質量は2.3gです。パウダーは水分が飛んでいるため、その分糖質の含有量が多くなります。

 原材料に関しては以上ですが、糖質が少ない食材を多く、糖質が多い食材を少なく使用しているのが分かります。

「イカ エビ ホタテのイタリアーナピザ」の味は

 「イカ エビ ホタテのイタリアーナピザ」は、どちらかというと「ピザ風のパン」と表現した方がいいかもしれません。美味しいのは間違いないのですが、生地のもちもち感が少ないため、「ピザ感」があまり感じられませんでした。まーでも、美味しいので、リピートしてもいいかなと思いました。糖質制限ダイエット中でどうしてもピザ(ピザ風のパン)が食べたいという人にはいいですよ。

 1つ補足しておきます。この「イカ エビ ホタテのイタリアーナピザ」は冷凍して送られてくるため、本来であれば電子レンジでチンをして食べるのですが、私の家には電子レンジがありません(笑)。ですので、以下のようにフライパンで焼いたのですが、もちもち感がなかったのはそのせいかもしれません。

[参考記事]
「糖質制限ダイエットを実践中でも食べられるチーズケーキとは」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top