Read Article

広告

魚や水産練り製品(蒲鉾など)の糖質はどれくらい?

広告

 

肉の糖質については「肉(鶏肉、牛肉、豚肉)には糖質がどれくらい含まれているのか」で説明しましたが、今回は魚の糖質について説明します。

魚は健康を維持するのに、非常に大切な食材です

魚にはオメガ3(EPAやDHAなど)という油が含まれているのですが、この油を積極的に摂った群と摂らなかった群を比べて、前者の方が心血管疾患(脳卒中など)や冠動脈疾患(狭心症、心筋梗塞)で亡くなる率が低くなったという研究があります。

では本題の魚の糖質についてですが、主な魚の糖質量を以下に書きました。

一番糖質が多い「いわし」でも100g当たりの糖質は0.7gしか含まれていませんので、全く糖質を心配することなく食べることができます(低糖質の定義は食材100g当たり5g以下)。

100g当たりの糖質


あなご
0g


えぼだい
0g


ひらめ
0g


あじ
0.1g


あゆ
0.1g


かつお
0.1g


かれい
0.1g


きんめだい
0.1g


紅サケ
0.1g

10
さわら
0.1g

11
サンマ
0.1g

12
まだい
0.1g

13
マダラ
0.1g

14
にしん
0.1g

15
ほっけ
0.1g

16
まぐろ
0.1g

17
たら
0.1g

18
かつお
0.2g

19
うなぎ
0.3g

20
さば
0.3g

21
ぶり
0.3g

22
いわし
0.7g

しかし、魚を使った料理や製品には糖質が多いものが含まれていますので注意してください。

例えば魚のみりん干しの100g当たりの糖質は約17gあり、ほぼ全てがみりんの糖質です。

みりんの炭水化物(糖質+食物繊維)はとても多く、「ミツカン 本みりん」の100g当たりの糖質は50.6gあります。

「あゆの甘露煮(1匹)」の糖質は約12g
「さけのちゃんちゃん焼(65g)」の糖質は約17g
「みりん干し(100g)」は魚によりますが、糖質は約17g
「たらのでんぶ(100g)」の糖質は約40g

では次に水産練り製品の糖質について説明します。

水産練り製品の糖質は比較的糖質が多いですので、少なめに食べましょう。

練り製品の中で一番糖質が多いのは「さつま揚げ」です。

さつま揚げは魚のすり身に砂糖や醤油などを入れて味を付けるので、糖質が多くなります。

このように、いくら魚の糖質が少ないからといって、砂糖などの甘味料で味付けをしてしまうと糖質オーバーになる可能性がありますので、刺身で食べたり、ただ焼いて食べたりしてください。

100g当たりの糖質


つみれ
6.5g


かまぼこ
9.7g


魚肉ハム
11.1g


はんぺん
11.4g


なると
11.6g


魚肉ソーセージ
12.6g


ちくわ
13.5g


さつま揚げ
13.9g

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top