Read Article

広告

糖質制限食で満腹感は得られるのか

広告

まず基礎知識として満腹感とはどのような状態なのかを説明します。

満腹感は主に以下の2つのルートで得られています。

①食べ物を食べると胃が膨らみますが、この時、胃壁にある迷走神経(第10脳神経)にその刺激が伝わります(迷走神経は胃の蠕動運動を促したり、胃液の分泌に関わっています)。

この迷走神経は脳に繋がっているのですが、その情報(刺激)が脳の満腹中枢に伝わると満腹感を得ることができます。

②糖質を摂ることで血中にブドウ糖(血糖値が上昇)が増えますが、このブドウ糖は脳内にも流れていきます。

このブドウ糖が満腹中枢を刺激して、満腹感が得られます。

以上、2つの作用で満腹感が得られるのですが、糖質制限の場合には②の効果があまり期待できません。

私は緩い糖質制限を実践しているのですが、実際、満腹感を得られているかどうかを説明していきます。

私は1日2回食事をしているのですが、朝が完全な糖質制限食で、夜は通常の食事を食べています。

朝食のメニューは鶏肉を200gから300g、野菜(キャベツ、レタスなど)、豆腐か納豆。

夜のメニューは白米か玄米(小茶碗1杯)、肉(主に鶏肉)もしくは魚、野菜、豆腐か納豆を食べます。

味付けに砂糖を使ったり、甘いジュースを飲むことはありません。

ですので、1日の糖質は130g以下に完全に収まっています。

なぜ、鶏肉を食べているのかと言えば糖質が全く含まれていないし、WHOの発表では鶏肉は発癌の危険性がないとされていますので、他の肉より鶏肉を食べるようにしています。

よく、糖質制限食で満腹感が得られるのかと質問されるのですが、私の場合は満腹感は得られていません。

「たくさん食べたな」という頭の感覚はあっても、お腹としては「腹7分目」くらいです。

心地よい空腹感が夜まで続きます。

私の場合には1日2回ですので、夕方くらいには多少の空腹感を感じますが、3回食べればお腹が空いた感覚はなくなると思います。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top