Read Article

広告

糖質制限食ではココアを飲んでも大丈夫?

広告

砂糖も何も入っていないココア(カカオ豆100%)の糖質は100g当たり18.5gです。

dfdfdfdf

ココアを100g入れて飲む人はいませんので、例えば大さじ1杯(6g)を入れて飲むとすると糖質は1.1gになります。

これであれば糖質制限食を実践している人でも飲んで大丈夫です。

ココアは食物繊維が100g当たり23.9g(大さじ1杯分で1.4g)も含まれていますので、糖質制限を行っている人にとってはベストな食品です。

「糖質制限食は野菜、肉(魚)、米の中で何から食べたらいいのか」でもお伝えしましたが、食物繊維は血糖値の上昇を抑える効果があり、さらには便秘対策としても使えますので、野菜の食物繊維と合わせて摂ってください(成人の食物繊維の摂取基準は約20gですが、ほとんどの人が足りていません)。

もちろん、ココアに砂糖を入れて飲むのはNGです。

例えば森永の「ミルクココア300g」の1杯あたりの糖質は14.1gです。

gffgdf

砂糖、ココアパウダー(ココアバター22〜24%)、ぶどう糖、脱脂粉乳、乳糖、全粉乳、麦芽糖、クリーミングパウダー、カカオマス、食塩、香料、乳化剤、pH調整剤

原材料を見るとココアパウダーよりも砂糖の方が前に表示されていますので、砂糖が原材料の中で一番多く入っていることを意味します。

ですので、ココアを飲むのであればカカオ豆100%に限ります。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top