Read Article

広告

糖質制限食を食べているとコレステロールは増えるの?

広告

糖質制限食は一般の食事よりも肉を食べる比率が増えるので、コレステロールが増えると思っている人が多いですが、実際にはどうなのでしょうか。

まず、コレステロールについて誤解している人が多いので、基本的な知識として知っておいてほしいことを説明します。

①コレステロールは細胞膜の原料などに使われていますので、人体にとって必ず必要な物質です。

ではコレステロールは何に使われるのでしょうか。
例えば

筋肉などあらゆる細胞の
細胞膜の材料。
免疫細胞の膜にも必要

男性ホルモン、女性ホルモン、
副腎皮質ホルモン
などのホルモンの原料

脳や全身の神経線維の材料

胆汁酸の生成
胆汁酸は脂肪の消化に不可欠

三大栄養素である脂質の大事な材料


②コレステロールはLDLコレステロールとHDLコレステロールに分けることが出来るのですが、それぞれに役割があります。

・LDLコレステロールはコレステロールを全身の組織(臓器)に運ぶ
・HDLコレステロールは余ったコレステロールを肝臓に戻す
という役割があります。

問題なのはHDLコレステロールが少なく、LDLコレステロールと中性脂肪(内臓脂肪など)が多い人です(HDLコレステロールとLDLコレステロールの比率をLD比という)。

糖質制限食の実践者はLDLコレステロールと中性脂肪が少なく、HDLコレステロールが多いのが通常です。
私は緩い糖質制限食を食べていますが、内臓脂肪は非常に少ないです。

2016-07-23_195122

中性脂肪が多いとコレステロールにどのような変化が現れるのか。
実は中性脂肪が多くなるとLDLコレステロールが小さくなり(小粒子コレステロール)、血管の壁に付きやすくなります。
そうすると動脈硬化などの症状が現れ、脳梗塞や心筋梗塞などの血管系の病気になりやすくなります。
糖質制限食を食べていると中性脂肪が少なくなることは「糖質制限の理解で必要なケトン体と糖新生とは」でお伝えしましたので、読んでみてください。

HDLコレステロールが少なく、LDLコレステロールと中性脂肪が増えすぎると動脈硬化のリスクが高まりますが、糖質制限を行うと中性脂肪が減って、HDLコレステロールが増えるので心筋梗塞を引き起こすリスクは少なくなります。

HDLやLDLの単体の数値も大事なのですが、LDLコレステロールとHDLコレステロールの比率(LH比)も最近注目されています。

計算式は「LDLコレステロール÷HDLコレステロール」ですが、これが1.5以下であれば問題ないですが、2.0を超えると動脈硬化の可能性が出てきます。

 

③コレステロールは食事から3割、肝臓で7割作られます。
つまり、体内で合成されるコレステロールの方が多いのです。
これらの比率は食べ物からのコレステロール摂取が多い場合には肝臓での合成が減り、食べ物からのコレステロール摂取が少ない場合には肝臓での合成が増えるという関係にあります。
つまり、状況によって体内のコレステロールの量が安定するように調整されているのです。

ここで、本題の糖質制限食を食べるとコレステロールが増えるかどうかですが、糖質制限食を実践する前にどのような食生活をしていたのかで変わります。
普段からコレステロールの多い食事をしていない人は肝臓でのコレステロールの合成能力が強いですので、糖質制限食で脂質が多い食事をするとコレステロールは増える傾向にあります。
しかし、③で説明したように、時間が経つと食べ物からのコレステロールも使うようになるので、肝臓でのコレステロールの合成量が少なくなります。
ですので、長い目で見ればコレステロールは安定してきます。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top