Read Article

広告

肉、卵、チーズ、野菜を意識した糖質制限で5キロのダイエット

広告

今回の記事は30代の女性に書いていただきました。
……………………….

■糖質制限を始めた理由

最近、体が重くて2階の物干しまで洗濯物を持って階段を登るのも大変になってきたのが、ダイエットを開始しようとしたきっかけでした。
この時の体重は65キロです(身長は163センチ)。
何度もダイエットをしては挫折をして、リバウンドを繰り返すという無限ループのようになっていたのですが、たまたまテレビで観た糖質制限ダイエットに挑戦することにしました。
テレビを見たあと、すぐに本屋さんに行き、糖質が低い食べ物の一覧が載っている本を購入し、まずはどんな食べ物を食べていいのか知ることから始めました。
もともと甘い食べ物や炭水化物が大好きだった私は、その大好物こそが糖質だと知りました。
そして、購入した本には「3日間は糖質を食べないこと」と書いてあり、この3日間はほぼ糖質0の生活を送りました(私の購入した本には「糖質は1日30グラムが目安」と書いてありました)。
ただ、肉類は大げさに言えば「限りなく食べていい」と書いてあり、コンビニで売っている蒸したチキンや牛ステーキ、焼き鳥(塩味)などはとにかく満腹になるまで食べました。
カロリー制限をするダイエットはどうしても食べる量を減らすので、空腹感がとても辛いという思い出があります。
でも糖質制限ダイエットは糖質を減らせばカロリーを気にすることなく食べてもいいという点で続けていけたのだと思います。

■実際に食べた糖質制限メニュー

とにかく肉類は食べると満足感と満腹感が得られたので、鶏肉、牛肉、豚肉はよく食べていました。
お魚が苦手な私はどうしても肉類が中心になってしまいます。
それと糖質制限食で有名な山田先生が食物繊維は血糖値の上昇を抑える働きがあると言っていたので、野菜や海草も積極的に食べています。
もちろん、便秘対策のためでもあります。

私は夫と子供がいるので出来るだけ同じメニューにしながら、私だけご飯などの炭水化物を減らすという食事メニューです。
基本、お米は夕食に小茶碗1杯です(たまにお昼にも食べます)。
もうひとつの糖質の王様であるパンは全く食べていません(ハンバーグに付けるパン粉以外)。
から揚げの衣、ハンバーグで使うパン粉、ドレッシングなどはあまり過敏に気にしないで食べていました。
なので、外食をしたとしてもお米を食べないか半分にする、添え物のポテトやデザートを食べないようにすれば割と食べられるメニューはたくさんあります。
お気に入りは焼き肉屋です。
焼き肉屋であればどこにでもあるし、タレの糖質さえ気をつけていればお腹いっぱい食べることができます。

また、たまに2枚程度のクッキーなど甘いお菓子を食べていますが、その程度で翌日体重が増加するということはありませんでした。
なぜ2枚程度のクッキーを食べているのかと言えば糖質制限のスペシャリスト山田先生の書籍に以下のように書いてあったからです。
「緩やかな糖質制限(ロカボ)」は糖質を1食あたり20~40グラム、3食の食事以外に1日10グラム(オヤツ)、合計で1日の糖質摂取量をトータル70~130グラムにしましょうと書いてありました。

糖質10g程度だったらお菓子も食べても大丈夫というのは少し驚きました。

■糖質制限ダイエット中のお酒について

私はビールや甘い系のチューハイが大好きでした。
でも、ビールも甘いお酒も糖質制限にはNGなアルコールです。
そこで私が代わりに飲み始めたのはウイスキーや辛めのワインです。
ウイスキーは糖質0gですが、ワインは100g当たり糖質が4gくらい含まれていますので飲み過ぎてはいけません。

どのお酒の糖質が低いのかを知るには、「炭水化物」という表示項目を見ると大まかな糖質量が分かります。
糖質=炭水化物―食物繊維です。
食物繊維の含有量が表示されている飲食物は少ないので炭水化物の含有量を目安にしておけば糖質制限を続けていくことも難しくはありません。

■MECを食べる

糖質の含有量を気にしてばかりいた私は、最初の1週間程度であっという間に2キロの体重が減りましたが、その後なかなか体重が減少していきませんでした。
そこでMECを中心に食べることを意識しました。
M(ミート)E(卵)C(チーズ)をたっぷり食べることで、私の減らなくなっていた体重はまた減少を始めたのです。
肉も卵もチーズも糖質は非常に少ないです。
鶏肉は糖質0、その他牛肉も豚肉も100g当たりの糖質は1gもありません。
卵の糖質は全卵で0.2g。
そして、チーズはメーカーにより多少違いますが、目安として雪印の「スライスチーズ85g」1枚分(17g)の糖質は0.2gです。
〇M(ミート)
肉は普段も食べていましたので、変わらず食べていました。

〇E(卵)
卵はゆで卵をたくさん作っておいて、それをにんにく醤油に漬けこみ、小腹が空いたら食べていました。

〇C(チーズ)
チーズは焼いたチキンのアツアツの状態に乗せてトロリとさせたり、サラダに乗せたりして食べていました。

その結果、1.5か月ほどでさらに3キロの減量に成功しました。
最初の1週間に2キロ痩せた分を合わせると合計5キロの減量です。

■あと5キロ減量したい

朝起きてすぐと夜お風呂に入る前の1日2回体重は計測していました。
あまり減っていなくてもあまり気にはなりませんでした。
なぜなら、鏡を見ると私の顔は明らかにほっそりしていたし、昔履いていたパンツのウエストにゆとりが出ていたからです。
友達や家族からも「なんかスッキリしてきたね」と言われますし、主人には「イビキをかかなくなった」と言われています。

あと5キロまた減量をしたい私は今でもMEC食を意識して、我慢しすぎない糖質制限を続けています。
思い切り天丼を食べてしまう日もあります。
でもその翌日は鶏ムネ肉を塩コショウで焼き、卵とチーズ、ブラックコーヒーという食事に戻せば、天丼分の過剰糖質摂取は全然問題ないということも分かりました。
人にそれぞれ体質が違いますので、全ての方に糖質制限ダイエットをオススメはしませんが、わりと私のまわりの人たちは減量に成功しています。

[参考記事]
「ライザップで糖質制限とトレーニングをして2ヶ月で7キロ減」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top