Read Article

広告

失恋がきっかけで糖質制限を始め、痩せたことで新しい彼ができた

広告

 

この記事は20代の女性に書いていただきました。

……..

■糖質制限を始めた理由

155cm、52kgと少し太り気味ではありましたが、ダイエットはしたことがありませんでした。
食欲もそれほど強いわけではなく、どちらかというと少食の方だと思います。
ですがご飯・パン・麺類などとにかく炭水化物が好きで、お腹が空いた時はまず炭水化物!という食事を続けていた結果、気がつくとややぽっちゃり体型になっていました。

その炭水化物大好きな私が糖質制限を行うようになったのは失恋がきっかけでした。
ご飯が喉を通らない日々で、その間、主食のお米、パン、うどんなどの炭水化物をほとんど口にすることができず、体重は2か月で52kgから44kgとあっという間に8kg減。
「失恋プラス糖質制限ダイエット」と自分では名付けていますが、失恋の部分は真似をしないように(笑)
その結果、着ている服がどんどんブカブカになっていきました。
失恋はショックではありましたが、学生時代以来のこの数字。
逆にこれを利用して、健康的にダイエットをしてみようと思い立ったのです。
その辺りから失恋のショックも無くなり、前向きに健康的なダイエットを行うことにしました。

好物の炭水化物を制限する辛さよりも、重たかった体が身軽になった喜びの方が強く、短期間で大きな成果がでる糖質制限は案外自分に合っているのかも?と思い、まずそのまま体重を安定・維持させるために糖質制限を続けてみることにしました。

■糖質制限を行っていた時の食事例

失恋後のショックで炭水化物を制限しすぎて短期間で痩せすぎたため、その後は朝食だけ白米を食べることにしました。
ある1日のメニューは以下の通りです。
[朝] お米(小茶碗)、納豆、トマトと海藻のサラダ、ボイルしたチキン、お味噌汁(ワカメ、ネギ、豆腐)

[昼] ブロッコリーの温サラダ、ゆで卵、お味噌汁(ワカメ、ネギ、豆腐)

[夜] 肉(主に鶏肉) or 魚料理、こんにゃく麺ラーメン、残りのサラダ、お味噌汁(ワカメ、ネギ、豆腐)

毎回の食事で気をつけていたのことは「発酵食品」「たんぱく質」「食物繊維」です。
「発酵食品」は味噌のことですが、味噌には動脈硬化の予防効果があると長野県工業技術総合センターの神山真澄さんが研究を発表しているのを知っていたので、味噌は毎食食べます。
大手食品会社の味噌ではなく、伝統の作り方をしている会社の味噌を使っています。
納豆は血液をサラサラにし血栓を予防すると言われていますが、これは嘘だそうです。
しかし、私は植物性のタンパク質が豊富な大豆食品は食べ続けています。
遺伝子組み換えの大豆を使っていない国内産の大豆から作られた納豆を食べています。
遺伝子組み換えのコーンを食べたマウスが癌になっている写真を見たのをきっかけに食の安全性に気を付けるようになりました。
需要があれば国内の遺伝子組み換えのない大豆も生産し続けられるでしょうし、「買う=意思表示」だと思って商品を購入しています。

「たんぱく質」は肉(特に鶏肉)、魚、卵、納豆のことです。
良質なタンパク質を摂りたいので、なるべく遺伝子組み換えの餌を与えていないものを選んで食べています。
遺伝子組み換えの餌を与えていない卵は自然食品で買っていますが10個で450円します。
かなりお高いです(笑)
鶏肉は近所のスーパーで抗生剤やホルモン剤を使っていないメーカーの商品を買っていますが、値段はやはり高いです。
私は女性ですので、ホルモン剤の摂取で婦人科系の病気(子宮体がんや乳がんなど)になったら嫌ですので特に気を付けています。

「食物繊維」に関しては野菜、海藻を意識して摂っていますが、目的は便秘を予防するためです。
動物性のタンパク質や脂質を多く摂っているため、便秘になるとオナラが臭くなります(笑)
ですので、便秘は絶対に阻止すると言う覚悟で野菜、海藻を食べています。
今のところ、便秘はありません。

このようにただ痩せるだけでは満足できず、「健康的に痩せる」というのが私の糖質制限のテーマです。

■まとめ

糖質制限のダイエットを12ヶ月続ける!という目標を立て、無事に12ヶ月乗り切り、結果体重も平均44〜46kgでほとんど変動がなくなりました。
以前と比べ、体が軽くなったことで運動もしやすくなり、ランニングやヨガもするようになりました。
痩せた結果、それまで重たかった生理も不思議と軽くなりました。
糖質制限のダイエットをしたことで毒素が抜けたような感覚があります。
体感的なものではありますが、これまでは生理前になると浮腫みがちで体が重く感じていたのが、糖質制限を始めてからは、生理前でもあまり浮腫みを感じなくなりました。
糖質制限→減量→運動しやすくなった→運動量が以前より増えるという良い循環が重なって、結果生理前でも浮腫まず、体が楽になったのではないか。
現在は失恋直後のようなストイックな糖質制限はしていませんが体重・体型は変わりません。
ですので、先ほどお伝えしたように朝食にはお米を食べるようにしています。


失恋と言う悲しい出来事がきっかけにはなりましたが、外見に自信がついたせいか、人間関係も良くなったと感じています。
特に男性によく声をかけられるようになり、新しい彼氏も出来ました!
失恋→糖質制限で痩せた→新しい彼氏ゲット。
宗教心はありませんが、これは神様からのプレゼントだと思っています。
「あなた痩せなさい。そうすれば健康になりますよ。でも、ダイエットって面倒だよね。だったら、私が強制的に痩せさせてあげます。そのために彼氏と喧嘩別れするように今からプログラムを組みます。その後、痩せたら新しい彼氏も与えるから心配しないで」
って感じだろうか(笑)

今後も無理なく健康のために、自分なりに変化をつけて楽しい糖質制限ライフを送ろうと思っています。

[参考記事]
「糖質が少ない定食の購入で8キロの糖質制限ダイエットに成功」

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top